オナ電

 新型コロナ時代のセックスは、様変わりするしか方法がありません。
接触や飛沫で、怖い病気に感染するリスクが高まってしまうからです。
それまで気軽に、ナンパして見知らぬ相手とエッチしていた人にとって、かなりの痛手ではないでしょうか?
我慢しなければいけない時代とはいえ、我慢しきれるものでもない。
それが性欲というものなのです。
不満な気持ちをスッキリさせるためには、やはり異性との交流が必要。
しかしリアルは危険。
だから新コロナ時代の新しいセックスは、オナ電なのです。

 オナ電そのものは、実は女性には以前から人気が高いものでした。
男と違って、誰かれ構わずセフレにしたいと思わないのが女性の特徴です。
そんな女性たちも不満がある。
そういう時はエッチな通話をして、心を刺激してもらって快楽を得ていました。
新コロナ時代になってから、より通話を希望する女性たちの数が極端に増えている状態です。
オナ友を見つけた今はオリエンタルラウンジの自粛を続けます

 オフパコの食い付きが悪くなったため、僕もエッチなオナ電に切り替えてみたのですが、あっという間に相手と知り合いました。
新型コロナ以降初めての出会いは、29歳の保育士さん。
病気や仕事でかなり気を遣ってしまって、性的な不満も相まって、極度のストレスを溜め込んでいた人。
結菜ちゃんとは、即通話でオナニーを楽しむことになりました。
不満な女性相手だと、面倒な駆け引きが全くありません。
「マン汁が、パンツにもついてる?」
「うん・・染み出してて・・」
「エッチなオマンコなんだね。パンツの上から弄ろうか」
「はい・・っはぁ・・いいいっ・・・あん」
あっという間に感じ始めてくれました。

 結菜ちゃんは、パンツを脱げと言えば素直に下半身裸になってくれる。
足を広げてオマンコを広げろといえば、その通りにしてくれる。
オナ指示で滅茶苦茶興奮をはじめ、我を忘れている状態に突入しているのが伝わってきました。
切ない喘ぎ声を聞きながら、思いっきり肉棒に刺激を与えていき、相手のアクメを待ち射精をしていきました。

 リアルじゃないけど妄想が膨らむため、これかなり良い方法です。
新コロナ時代は、この方法で性欲解消に励んでいきたいと、真剣に思っています。
エッチな電話
無料のライブチャット

テキストのコピーはできません。